箱根 彫刻の森美術館

常設作品紹介

一覧に戻る

ニキ・ド・サン・ファール  (フランス  1930-2002)

「ミス・ブラック・パワー」1968

ポリエステル樹脂、塗料 500×230×75 cm

自分の抑圧された意識を解放するための、いわば治療として作品を制作し始めた。攻撃的でメランコリーな作風は、1965年〈ナナ〉の登場で一転する。〈ナナ〉はFRPで作られた巨大な女性像のシリーズで、この作品もそのひとつ。