箱根 彫刻の森美術館

開催情報

開館50年の歩み

「名作コレクション」展

会場:本館ギャラリー

彫刻の森美術館は、日本で初めての野外美術館として多くの皆様に親しまれ、令和元年8月1日に開館50周年を迎えました。この間に収集された作品は2,000点あまりにおよびます。今回はそのコレクションの中から近・現代彫刻の優品を選び、またルノワールやシャガールといった名画を、開館当初からそのままの姿をとどめる本館ギャラリーに展示します。野外とは趣の異なる静謐な雰囲気の中で、じっくりと作品をご鑑賞いただけますと幸いです。


1階展示室
作家名作品名制作年サイズ(cm)材質
1ジャン・デュビュッフェ使者たち
①アンビュラン(巡回者)
②クロシュポッシュ(片ポケット)
③タラビスコ(溝切りかんな)
1975
①200×116×45
②212×119×48
③194×128×73
エポキシ樹脂、ポリウレタン塗料
2ジョアン・ミロソブレテキシィム III1966150×200×110タピスリー
中2階展示室
作家名作品名制作年サイズ(cm)材質
3ウンベルト・ボッチオーニ空間の中の一つの連続する形1973116×90×42ブロンズ
4アルベルト・ジャコメッティ腕のない細い女195860×8×20ブロンズ
2階展示室
作家名作品名制作年サイズ(cm)材質
5アレクサンダー・アーキペンコ立っている裸婦 II191648×11×9.5ブロンズ
6荻原守衛坑夫190746×45×31ブロンズ
7藤川勇造 Mr. ボース193247×53×25ブロンズ
8朝倉文夫眠り194513×37.5×35ブロンズ
9朝倉文夫よく獲たり194651×52.5×29.5ブロンズ
10朝倉文夫のび194741.5×20.5×40ブロンズ
11戸張孤雁煌めく嫉妬192434×19×19ブロンズ
12古賀春江裸婦1923頃116.7×90.9油彩・キャンヴァス
13舟越 保武節子像196036×27×22白大理石
14フリオ・ゴンサレス腰かける女 No.31935–36頃61×24×25ブロンズ
15コンスタンティン・ブランクーシ接吻190827×25×16石膏
16デイヴィッド・スミスダンサー194029×15×13.5鋼鉄
17マックス・エルンストセドナ・シリーズより 頭部194821×14×5ブロンズ
18アレクサンダー・カルダー赤いペナント-吊るモビール1970101.5×178アルミニウム、塗料
19アメデオ・モディリア-二頭部1911-12頃72×22×29ブロンズ
20ジャック・リプシッツ出会い191381×57×37.5
21ワシリー・カンディンスキー紺の背景のコンポジション194027×47グワッシュ・紙
22マルク・シャガールアネモネ197838×46アクリル・キャンヴァス
23モーリス・ド・ヴラマンク雪景色1930頃59.5×72.5油彩・板
24ピエール・オーギュスト・ルノワールカーニュの庭のルノワールの娘たち1914頃48.4×58.4油彩・キャンヴァス
25モーリス・ユトリロモンマニーのカフェ1906–07頃45.5×37油彩・キャンヴァス
26メダルド・ロッソユダヤの少年1892-9323.7×10.9×13.2ワックス、石膏
27メダルド・ロッソ門番の女188335×34×23ブロンズ
28メダルド・ロッソ貧しい食事をする子供189344×46×30ブロンズ
29本郷 新1959133×51×45
30山本豊市飛ぶ197377×102×30乾漆
31澤田政廣受難195941×25×32
32シャルル・デスピオアッシア193790×25×20ブロンズ

*各展覧会ページの掲載内容は、すべて掲載時点の情報です。
*掲載中の情報については、予定であり、予告なく変更になる場合があります。
* All information, representations, links or other messages may be changed at any time without prior notice or explanation to the user.