作品のご紹介 ヘッダーイメージ
ホーム美術館のご案内作品の紹介彫刻の森の楽しみ方キッズ・ファミリーレストラン・ショップ・ウェディング交通アクセス
ホーム>>作品の紹介>>ピカソ・コレクション>>ピカソ館の様々な楽しみ方
ピカソ・コレクション

back

ピカソ館の様々な楽しみ方

「ミノトーロマシー」タペストリーになった版画作品の傑作
ピカソ館に入って目前に迫るように現れるのが、版画作品の中でも最高傑作である《ミノトーロマシー》のタピストリーです。大きさ318×450cmの巨大なタピストリーは、ベルギー出身のタピストリー作家イヴェット・コキール=プランスが《ミノトーロマシー》の原画を元にして糸の選択から仕上げまでを行った作品です。ギリシャ神話の怪獣ミノタウロスをはじめ瀕死の馬や女闘牛士などのモチーフは、2年後の大作《ゲルニカ》の悲劇に先駆けるシンボル性を持ち、不吉な雰囲気が感じられる作品です。

デイヴィッド・ダグラス・ダンカンのオリジナルプリント
陶芸作品とともに展示されているデイヴィッド・ダグラス・ダンカンの写真は、ピカソの晩年の姿を鮮烈に切り取っています。ピカソとダンカンの心を許し合った関係は、1956年からピカソが、さらにはジャクリーヌが亡くなるまで続きました。カメラを意識せず自然に振る舞うピカソの姿は、時に穏やかで、時に微笑ましく、私たちの心をとらえます。

エピソードも多彩!ピカソトーク

現在、ピカソ館では彫刻の森美術館のスタッフによるピカソ作品のガイドツアーをおこなっております。ピカソ館内を巡りながら、作品の解説やピカソの日常生活のエピソードなどをわかりやすく、楽しみながら聞いていただける30分間です。


開催日時:毎週土曜日、13:30〜14:00
集合場所:ピカソ館ギャラリー1F
参加費:無料


back
--- 作品のご紹介 --- 野外彫刻 --- ピカソ・コレクション --- ヘンリー・ムーア・コレクション --- メダルド・ロッソ・コレクション --- 室内作品


屋外展示場

室内展示場のご案内