箱根 彫刻の森美術館

常設作品紹介

アルナルド・ポモドーロ

アルナルド・ポモドーロ(イタリア 1926-)

「球体をもった球体」1978-1980年

ブロンズ、250×250×250cm

鏡面のように磨きあげられたブロンズの球体の表面に、地割れのような裂け目が入り、開口部から内部が露呈している。
その歯形の様な割れ目と蝕まれた様な内部は、滑らかな表皮と対照的な様態を見せ、見る者を驚かす。
ポモドーロはモニュメンタルな彫刻作品を制作するかたわら、オペラや演劇の舞台美術のデザインも手がける。
戦後のイタリア彫刻界を代表する巨匠の一人。