箱根 彫刻の森美術館

キッズ・ファミリー

プレイスカルプチャー

プレイスカルプチャー

プレイスカルプチャー(遊戯彫刻):子供たちが中に入って遊ぶことができる造形作品。
遊びの中に自然に、色彩や光の生み出す美しさや造形の面白さを発見することを目的としています。
・注意事項
 しゃぼん玉のお城は小学生以下のお子様の為の施設です。
 当施設内における事故・トラブル等は責任を負い兼ねます。
 天候により利用できない場合がございます。
 緊急の場合は美術館事務所にご連絡下さい。

しゃぼん玉のお城

ピーター・ピアース(アメリカ 1936 -)
2011年 1600x740x960cm
強化プラスチック、ステンレス、スティール

透明なカプセルをいくつもつなげたこの作品は、ふわふわと空に舞い上がる無数の
しゃぼん玉のようにも見えます。
迷路の面白さをもつこのカプセルのなかで遊びながら、子供たちは、光とともに表情
を変える、
自然が生み出した形態の面白さを見出すことができます。

プレイスポット
迷路を探検してみたり、塔の上まで登ってみたり、 子供から大人まで楽しく過ごすスポットです。

めだまやきのオブジェ

めだまやきのオブジェでは、子供たちは、ねそべったり、飛んだり、跳ねたり。子供たちの楽しい表情をカメラに収めるポイントです。


星の庭

彫刻の森美術館グランドデザインの一部として、 彫刻家、井上武吉の設計によりつくられた星型の迷路です。迷路は周辺より低い位置にあるので、上から眺めることができます。一見簡単そうに見える迷路も、中に入ると方向感覚を失いそうになってなかなか出られないかもしれません。


シンフォニー彫刻

ガブリエル・ロアール(フランス、1904 – 96)
1975年
スカルプチャード・グラス、鉄、エポキシ樹旨 1800×800×800cm

高さ18メートル、内径8メートルの塔で、厚さ2、3センチメートルの分厚いガラスを槌で手割にした破片で作られたステンドグラスが全面にはめ込まれ、外からの光を受けて幻想的な美しい世界を創造しています。らせん階段を登りきると、彫刻の森美術館全体と、箱根の山々が見渡せます。